支援センター希望館ブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園 | Page 3

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 支援センター希望館ブログ

支援センター希望館ブログ

  • 5月12日 「いのちを考える音楽会」CAPTA

    NPO法人 子どもの虐待防止ネットワーク鳥取(CAPTA)が音楽会を開催します。

    気軽乃ご参加ください。

    日 時 平成30年5月12日(土) 13時 受付  13時30分開演
    場 所 鳥取市文化センター(鳥取市文化ホール) Googlemap

    講 演 「児童福祉法改正と体罰禁止」
         弁護士 大田原俊介(弁護士法人やわらぎ・CAPTA理事)

    音楽会 「いのちを考える音楽会」
         歌と講演 ソプラノ 村上彩子 氏  ピアノ 大石邦子 氏


    2018.04.27

  • 通所ケアについて~その2~

     ブログ更新が滞っている状況で、気軽な更新を考えた結果、

    支援センターの活動『“通所ケア”での活動をどんどん紹介していこう』ということに、たどり着きました。

    お好み焼き

     

     私の考える通所活動としては、まずモットーとして“経験をふやすこと!”を基本にいろいろな活動をしています。そのなかでこども達の笑顔が増えたり、「あれがしたい!」「これがしたい!!」という気持ちの主張が増えたり、したいことが出来るから次回の通所を楽しみにしてくれたりという部分を大事にしています。

     また、そのうえで“失敗を受け入れること”(まあいいやという折り合いをつけること)や失敗があるからこそ次にチャレンジしようという思いを持ってもらえるように欲張っています。

    さらにさらに、その先には自分の中でダメな部分だと思っていることも笑いながら受け入れることなんかも出来たらいいなぁ~と思っています。

    カップケーキ(ベイマックスのせ)

     

     大人でも自分の受け入れは難しいですし、そんな簡単にできるものではないですが、その過程に寄り添えたらいいなと思っています。

     私なんか、ブログを更新するための写真をいつも撮影し忘れてしまい(撮るより先にできあがると食べてしまうので、、、)こども達に「写真!!」と教えてもらっている毎回です。でもそうやって助けてくれるみんなが大好きです。

    プチタルト


    2017.12.27

  • 外来相談:通所ケアについて

    今回はセンターでの活動を少し紹介したいと思います。

     たくさんの子ども達が日替わりで通ってきています。こちらでは、いろいろな体験、経験を職員と一緒に増やしていこうという取り組みもしています。手芸をしたり、工作をしたり、どこかへ出かけてみたりと一緒に活動することで体験の幅を広げようとしています。

     それでも、「楽しいこと」がとても大切なテーマです。経験だからと言って嫌々するのはつまんないです。この度、紹介するのは、ピザとスイカクッキーつくりです。

     経験のある子は段取りよく進めていき職員が感心させられますし、初めての子は一緒にしながら少しずつ出来ることが増え、「家でもしてみた」とひとりでの挑戦もしているようです。一緒に活動することで子ども達の成長を実感させられています。

     職員だって子どもと一緒に活動することは、楽しいことでプライベートでは出来ない、体験しない、挑戦しようともしないのは、子ども達と同じなのですね。

     

     子ども達と相談する中で新しいチャレンジを一緒にやっていくのは、子ども家庭支援センターでの働く喜びです。そして、子ども達の笑顔や達成を感じると一緒に喜べるのは、特権ですね。

    子ども家庭支援センター希望館 

    チーフソーシャルワーカー 岸田有加


    2017.09.07