リレーブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > リレーブログ

リレーブログ

  • 第21回「2019年の年頭に当たりご挨拶申し上げます」 理事長 藤野興一

    「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ。」
     (ルカ:2-14)

    「たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいドラ、やかましいシンバル。たとえ、予言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず。真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。愛は決して滅びない。・・・・・・・・・・それゆえ、信仰と希望と愛、この三つは、いつまでも残る。そのなかで最も大いなるものは、愛である。」
     (コリントの信徒への手紙 一 第13章1~13)

    ①神様に守られ、生かされ、多くの人々に支えられて、子どもたちと共に2019年の新年を迎えられましたことに 心より感謝申し上げます。鳥取こども学園は、1906(明治39)年1月13日創立以来、幾多の風雪を経ながらも、無事戦後73年、113年目の新年を迎えることが出来ました。
    ②今年2019年は、国連子どもの権利条約採択30周年、日本国批准25周年に当たります。日本では今、毎日のように子どもが虐待により殺され続けており、孤立し絶望した若者による「無差別殺傷事件」が繰り返されています。2018年3月の船戸結愛ちゃん殺害事件や2016年7月、相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」事件など「誰でもよかった殺傷事件」はほんの一例にすぎません。
    ③この事件を「精神障害者による特異な事件」としてはなりません。「障害者は生きていても意味がない」「障害者は迷惑だ」「障害者には税金がかかる」等という植松聖被告の主張は、ナチスドイツの優生学的思想と同じものです。日本でもインターネット上に「障害者不要論」が横行し、「在特会のヘイトスピーチ」が大音響街宣車を流し、西欧諸国でも難民受け入れ拒否が叫ばれ、ネオナチ党等の極右勢力が台頭しています。次々起こる事件は、そのような社会的状況の中で醸成されたものです。
    ④1939年ナチスドイツとソ連軍のポーランド侵攻、ドイツ領となったオシフェンチム市にアウシュビッツ強制収容所、ワルシャワ近郊にトレブリンカ強制収容所等を建設しました。そこへ、障害者、政治犯、ロマ(ジプシー)、ユダヤ人を次々大量に移送し、毒ガス等で殺した人数は、559万5千人とも
    586万人とも言われています。今の世界は第一次・第二次大戦前夜と酷似しています。
    ⑤そのような中で2016年6月、日本の児童福祉法に「子どもの権利」「最善の利益」などの「子どもの権利条約」の理念が規定された意義は大きい。にもかかわらず、2017年8月、現実無視・当事者不在の「新ビジョン」が出され、2017年本格実施となった「課題と将来像」の職員配置増や子どもの大学進学、小規模ケアホーム促進等の実績を反古にし、福祉切り捨てが強行されようとしています。
    ⑥昨年9月、鳥取養育研究所のメンバーとカナダのオンタリオ州、トロントのアドボカシー(権利擁護)機関などを訪問しました。新ビジョンについてカナダのスタッフから、「日本の里親も施設もよくやっている。日本はカナダのようになってほしくない。権利行使の主体者としての当事者と共に歩む日本独自の闘う組織を作ってほしい」と言われ、連携することを確認しました。
    ⑦日本の社会的養護は慈善事業の時代から、制度があろうが無かろうが目の前の小さくされた生身の子どもたちに寄り添い続けてきたのであり、鳥取こども学園はその先頭に立ち続けてきました。今一度日本の民間キリスト教社会事業の原点に立ち帰りたいと願っています。私たちは、欧米の破たんした制度ではなく、「課題と将来像」の発展形態としての「日本型社会的養護」の構築を提案してきました。現場実践の積み上げの上に、当事者に寄り添い、当事者と共に創り上げたいと願っています。
    ⑧昨年6月、鳥取労働基準監督署から改善勧告を受けたことについて、私たちは、誠心誠意取り組み、昨年12月から定額残業制を導入し、1月から支払うこととした。この機会に就業時間の把握方法と時間外手当の支払い方法の改善を図った。元々、一ホーム5~6人の一般家庭よりも優れた家庭モデルを展開している施設のホームに労基法を適用するのには無理があり、私たちは厚生労働省に対して、労基法適用除外の制度改革を求めてきました。緊急の課題として引き続き求めたいと思います。
    ⑨病後児保育併設・法人内職員等保育所「とりっこらんど」の2019年4月開設を目指して急ピッチで工事が進められています。法人のスタッフ・職員は施設では子どもたちの共同生活者であり、家に帰れば、良き母であり良き父であります。子育てをするスタッフ・職員を24時間年中無休で支える「法人内保育所」「病後児保育所」を作ることとしたものです。内閣府の「企業主導型保育事業」制度を利用し、地域の方にも利用していただける保育所を目指したいと思います。
    ⑩超高齢化・少子化社会の到来は、加速度的に人手不足をもたらしています。改めて2019年を「鳥取こども学園創立の精神」である「キリストの愛(どんな人でも・特に最も小さくされた人ほど大切にする)」「大人も子どもも育ちあう」「利用者から学び共に考え共に進む」飛躍の年としたいと思います。弱さを誇り、生き生きと歩み利用者と関わり続けていきたいと願って新年の挨拶とします。


    2019.01.08

  • 第20回「新しい社会的養育ビジョン」を読む 理事長 藤野興一

    「新しい社会的養育ビジョン」についての意見
         ~乳幼児の権利を守るために~

    「新たな社会的養育の在り方に関する検討会」(座長:奥山眞紀子 国立成育医療研究センターこころの診療部長)では、このほど、「新しい社会的養育ビジョン」をとりまとめ公表されました。

     様々な議論がある中で「新しい社会的養育ビジョン」(8月2日決定版)を基にして意見をお届けします。

    ① 8月1日のマスコミ各紙は、「特別養子縁組を5年で倍増。」、「小学校入学前の子どもについては、原則施設入所は停止する。」、「乳児院は入所施設としての役割を縮小し里親・養父母支援へ移行。」、「3歳未満は5年以内、それ以外の未就学児については7年以内に里親委託率を75%以上とし、学童期以降は10年以内に50%以上とする。」などと報道しました。

    ② 更に、8月2日の検討会で、子どもの意向尊重、養子縁組、特に特別養子縁組促進、「代替養育」に「施設養育に求められる高度な専門性」等を加えて、施設現場への配慮を示しながらも、数値目標等については「要約編」のみに掲載されていたものを全て本体部分にも書き込み、「乳児院の多機能化・機能転換を進めるための」プロジェクトチーム、及び「フォスタリング機関事業実施のための」プロジェクトチームを作ることとした上で、正式なビジョンとしています。

     全国乳児福祉協議会や全国児童養護施設協議会は、「乳幼児総合支援センター」や「日本型社会的養護」を提唱しています。この視点で、今回発表された「新しい社会的養育ビジョン」を評価をします。全文は、下記のリンクをクリックしてください。皆さまからの御意見をお待ちしています。

     「新たな社会的養育ビジョン」についての意見(全文)PDF

     新しい社会的養育ビジョン(厚生労働省HP)はここをクリック

     


    2017.08.16

  • 第19回「園長就任のご挨拶」 鳥取こども学園 園長 田中佳代子

    児童養護施設 鳥取こども学園の施設長を前園長 
    藤野興一に代わり4月より就任しました田中佳代子と申します。

    藤野前園長が指導員として鳥取こども学園に戻られた翌年から、田中も鳥取こども学園に勤務させていただき、いつも後ろ姿を見て子どもへ向き合う気迫を感じておりました。子どものためには、寝る間も厭わない。子どもの為には、法の許す限りぎりぎりのところまで対応してゆく。制度がなければ制度を創る。等

    「子どもも職員も、鳥取こども学園という大きな家族であり、一人ひとりが大切な存在で、必要とされない人は一人もいない。」と藤野前園長は常日頃より言っておりました。私も子どもたちとの暮らしのなかで、数々の失敗を重ねながらも、必要な人として藤野前園長はもちろんのこと、子どもたちや職員・出身者に支えられてここまで歩ませていただいたことに改めて感謝をしています。

    今年も、鳥取こども学園前の桜土手がきれいに咲き誇っています。
    毎年、4月を迎える度に心新たにしてスタートを切っている私ですが、今年は藤野前園長の後任ということで、一層身のしまる思いで桜を眺めております。

    11年前、鳥取こども学園に乳児院を併設するということで児童養護施設から異動し、右も左もわからない状況のなか、乳児院の施設長を勤めさせていただきました。年を重ねるごとに職員や関係者の皆さま・子どもたちや保護者のおかげで形が整い、乳幼児の笑顔に癒されながら日々を送れることが喜びでした。癒されながら、鳥取こども学園を去ることができると内心喜んでいたのですが、この度藤野前園長が理事職に専念して法人全体の見守りをすると強い意志表明をされたことにより、後任を任されることになりました。

    藤野前園長は、鳥取こども学園の子どもや職員のことのみに固執せず、鳥取県内施設の子どもへの寄り添いのレベルアップを手掛け、しいては全国の社会的養護の子どもたちに同じ寄り添いが出来ることを望み、全国児童養護施設協議会の会長を二期務めました。子どものために全身全霊を注いできた藤野前園長の足元にも及びませんが、力まず、私なりに鳥取こども学園の職員や子ども達を見守ってゆきたいと思います。

    「最後まであきらめず、子どもを信じ続けること」

    私が鳥取こども学園に勤めさせていただいたときより信念としているこの言葉をもう一度胸に刻み、鳥取こども学園が時代を超えて守ってきた「愛」の精神を次世代につなぐ役目が少しでも果たせられたらと思います。

    110年の歴史を持つ鳥取こども学園が地域の一員として今あるのは、ほかでもない、関係者の皆さまや地域の皆さまの多大なるご理解とご協力の賜物です。田中はまだまだ未熟もので至らないことも多々あるとは思いますが、鳥取こども学園は今後も皆様のご理解とご協力のもと歩ませていただきたいと思いますので、変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

     


    2017.04.17