里親支援とっとりブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 里親支援とっとりブログ

里親支援とっとりブログ

  • 里親「ポータル」サイトの計画④

     鳥取県の里親さんや、里親さんになりたい方のためになる、調べ物をする際最初に開いてもらえるようなページ「ポータルサイト」を作る夢があります。上司から「すぐに実現可能なこと、するべきことは『夢』とは言わない」とたしなめられましたので「ポータルサイト計画」とします。

     これに向けて、里親さんや里親さんになりたい方のためになる情報があるサイトには、どんなものがあるのか調べてみましたところ、素敵なサイトがたくさんありましたので、ひとつずつご紹介します。

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――広げよう『里親』の輪

    https://globe.asahi.com/globe/extra/satooyanowa/index.html

     古くから社会的養護を支援している新聞社が、厚生労働省の補助を受け作成した、里親制度紹介のページです。トップページをスクロールしていくと、芸能人や著名な実践家による、里親制度紹介の寄稿が並び目を引きます。

     

     寄稿のトップは、20年前、深夜の恋愛バラエティーの主題歌で、「いつの間にか~♪すきま空いた~♪こころーがー満たーさーれーてく♪」ではじまる「明日への扉」が大ヒットした、シンガーソングライターの川嶋あいさんです。川嶋さんは、児童養護施設・里親家庭で生活した経験があり、音楽活動のかたわら、社会的養護の啓発事業にも多く関わっておられます。

     また、松下由樹さん主演(里子役は山下智久さん)でドラマ化された著作のある、ベテラン里親・坂本洋子さんの寄稿があります。(ちなみに、松下由樹さんは、里親や施設職員の役を何度も演じておられますね)他にも、日本の里親支援のトップランナー・NPO法人キーアセットの渡邊守代表や、僕がいつも教科書にしている里親研究の第一人者林浩康日本女子大学教授の寄稿もあります。当事者や実践者のリアルなエピソードの合間に、皆さんのスナップ写真がふんだんに盛り込まれていますので、人柄を通して制度に触れることができます。里親制度は、ともすれば複雑でとっつきにくい、敷居が高いものなのですが、こうして生身のことばとリアルな人物像が紹介されていると、親しみやすく、かつ迫力がありました。

     誰かに里親制度を紹介したり、興味を持ってもらったりするのに最適のページです。

     他にもためになるサイトがたくさんありましたので、続々紹介していきたいと思います。


    2021.09.15

  • 里親「ポータル」サイトの計画③

        鳥取県の里親さんや、里親さんになりたい方のためになる、調べ物をする際最初に開いてもらえるようなページ「ポータルサイト」を作る夢があります。上司から「すぐに実現可能なこと、するべきことは『夢』とは言わない」とたしなめられましたので「ポータルサイト計画」とします。

        これに向けて、里親さんや里親さんになりたい方のためになる情報があるサイトには、どんなものがあるのか調べてみましたところ、素敵なサイトがたくさんありましたので、ひとつずつご紹介します。

     


     

    2.おやこのミカタ

    https://www.savechildren.or.jp/oyakonomikata/

     セーブ・ザ・チルドレンという、全世界の、子どもの支援の活動を行う民間国際組織があります。

     この団体の歴史は古く、1910年代のころ、第一次世界大戦のころまでさかのぼります。大戦のさなか、ヨーロッパは荒れ果てていました。当時、イギリスでは、敵対するドイツやオーストリアの海上輸送路の封鎖を断行し、食料の供給が絶たれた国々では、多くの子どもたちが飢餓に陥っていました。

     そんな中、エグランタインさんというイギリス人女性が、この惨状を市民に伝えようと、ロンドン中心部のトラファルガー広場でビラを配ります。“私たちの国が行っている封鎖が、何百万人もの子どもたちの命を奪っています”と、飢餓に苦しむ子どもたちの衝撃的な写真をしめしながら、広場を通る市民に訴えかけました。戦争中ですから、敵国の子どもを助けようとするこの行為は違法ですので、エグランタインさんは逮捕され、有罪判決を受けます。しかし、検察側の弁護人はこの行為に胸を打たれ、罰金を肩代わりしました。この肩代わりした5ポンドが、最初の寄付となり、『セーブ・ザ・チルドレン基金』の活動がはじまりました。

     この後、エグランタインさんと、こころざしを同じくする方たちは、世界中の、食糧難に苦しむ子どもたちのため、支援のための資金集めに奔走しました。募金活動のみならず、エグランタインさんが起案した子どもの権利を守る理念は、国連で採択された『子どもの権利条約』へと引き継がれていきます。

     時は移って令和の現代、エグランタインさんらの活動から100年が経った現在、セーブ・ザ・チルドレンは、29ヶ国の独立したメンバーが連携し、約120ヶ国で、すべての子どもの『生きる』『育つ』『守られる』『参加する』子どもの権利を実現するための活動を展開しています。

     日本にも、セーブ・ザ・チルドレンの支部があります。この日本支部が「おやこのミカタ」というホームページを運営しています。「ミカタ」は「味方」でもあり、「見方」でもあります。子どもの視点を理解し、考える、ということに重点を置いており、楽しい子育てのコツ、こころがけ、いきづまらないための考え方など、情報が満載です。

     中には、「おとなもリラックスしよう!イライラマネージメント」というコーナーもあります。子育ては、時には、おとなの思うようにならないものです。そんなときには『ストレッチしよう!』『おいしいものを食べよう!』『好きな匂いをかごう!』『深呼吸をしよう!』というように、親の「ミカタ」として、親のこころに寄り添ったアドバイスがふんだんに載っています。

     全体的にとてもやさしいデザインで、かわいらしいタイトルイラストをクリックするのが楽しくなり、肩ひじはらず、リラックスして学ぶことができました。前述したエグランタインさんたちの活動の歴史紹介のページもあります。ロンドンの広場で配っていたビラの精神は、時間と場所と、媒体を変えて、ホームページとして引き継がれているのですね。

     

     他にもためになるサイトがたくさんありましたので、続々紹介していきたいと思います。


    2021.08.30

  • 里親「ポータル」サイトの計画②

     鳥取県の里親さんや、里親さんになりたい方のためになる、調べ物をする際最初に開いてもらえるようなページ「ポータルサイト」を作る夢があります。上司から「すぐに実現可能なこと、するべきことは『夢』とは言わない」とたしなめられましたので「ポータルサイト計画」とします。

     これに向けて、里親さんや里親さんになりたい方のためになる情報があるサイトには、どんなものがあるのか調べてみましたところ、素敵なサイトがたくさんありましたので、ひとつひとつご紹介します。

     

    1.ONELOVE オンライン里親会

    https://one-love.jp/about.html

     奈良県の里親さん、岩朝しのぶさんが立ち上げられた「日本こども支援協会」が事務局をしている、ONELOVEオンライン里親会のページです。オンラインのイベントやサロン、ソーシャルネットワーキングサービスを用いて、日本中の里親さんがつながり、支え合うコミュニティを作ることを目指しています。ページのつくりといい、コンテンツ(情報の内容)の豊富さ、新鮮さといい、何度も訪れたくなり、どんどん読み進めたくなります。

     ONELOVEオンライン里親会は、企業の協賛・後援と寄付により運営していますが、全国の各地区里親会の、オンライン化整備の費用の支援を行っており、鳥取県里親会も支援を受けました。インターネットを通して映像、音声でやりとりができる「ZOOM」という便利なツールがありますが、無料で使用すると40分で通信が切れてしまいます。鳥取県里親会でも、サロンや役員会に「ZOOM」を使っていますが、やっとメンバーが揃ったと思ったら切れてしまいます。先日などは、オンライン懇親会の締めで、会長が良いあいさつをされていた最中に「プツン」と終了してしまいました。有料サービスに登録しますと長く使うことができるのですが、ONELOVEオンライン里親会がこの有料サービス料金を支援くださいました。これで「今日は大変に楽しい時間を過ごしました。みなさんもコロナに負けず、すこやかにお過ごし・・・・・プツン」ということが無くなります。本当にありがとうございます。

     オンライン化整備事業といいサイトといい、とても素敵な取り組みをされている団体です。

     

     他にもためになるサイトがたくさんありましたので、続々紹介していきたいと思います。


    2021.07.30