里親支援とっとりブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 里親支援とっとりブログ

里親支援とっとりブログ

  • 里親さんの、『子どもの一時あずかり』

     子育て中の親御さんの、仕事の都合や急な病気、育児疲れなどで、子育てがむずかしくなったとき、数時間や一晩、短期間など、いっとき子どもをあずかる「ショートステイ」「トワイライトステイ」(注1)という取り組みがあります。市区町村がおこなっており、おもに児童養護施設や乳児院があずかります。

     全国のうち、いくつかの市区町村では、里親さんも引き受けています。鳥取県でもぜひやろう!というアクションがあり、打ち合わせを重ねたり、試験的に実施したりしていました。鳥取の里親さんに、受け入れのお気持ちを聞くと、やはりというべきか、たくさんの手が挙がります。

     この、里親さんがあずかるショートステイ・トワイライトステイについて、来年度から、国をあげて、積極的に取り組むことになりました。「いきなり何年もの長期間、子どもをあずかることには不安がある」という里親さんは多いのですが、まずは、ショートステイ・トワイライトステイの、短時間のあずかりから経験を積む、ということが可能になります。また、さまざまな事情で、自分の家庭で暮らせない子どもたちを里親さんが長期間あずかることは、鳥取県行政のしごとですので、市や町村は、自分の地域に里親さんがいることがなんとなく分かっていても、どういった方なのか、どういった取り組みをしているのかは分からないという現状がありました。しかし今後、里親さんが地域に根付いたお役目をになうことで、地域にもっと身近な存在となります。

     古くから、里親さんは、つつましやかに人知れず、子どもの最善の利益のために取り組んでおられ、また、子どものプライバシーへの配慮もあり、『わたしは里親をやっているのだ!』と声高にアピールする方はいませんでした。しかし、里親さんという存在がもっと地域に知られ、地域全体から『ええことしょうられる!感心感心!がんばってつかあさいよ!手伝えることはないかいな?』と応援されるような雰囲気が理想です。

     この理想に、いくばくか近づくことを、とても嬉しく思います。

     

     

    注1

    子育て短期支援事業

     子育て世代が安心して子育てをしながら働くことができる環境を整備するため、一定の事由により児童の養育が一時的に困難となった場合に児童を児童養護施設等で預かる事業。ショートステイ・トワイライトステイがある。実施主体は地方公共団体(市区町村)。

     

    ショートステイ(短期入所生活援助事業)

     保護者の疾病や仕事等の事由により児童の養育が一時的に困難となった場合、又は育児不安や育児疲れ、慢性疾患児の看病疲れ等の身体的・精神的負担の軽減が必要な場合に、児童を児童養護施設等で一時的に預かる。

     

    トワイライトステイ(夜間養護等事業)

     保護者が、仕事その他の理由により平日の夜間又は休日に不在となる家庭において児童を養育することが困難となった場合その他緊急の場合において、その児童を児童養護施設等においてあずかり、生活指導、食事の提供等を行う。


    2021.01.13

  • 研修資料とテレビドラマ、たまたまの一致

    里親支援とっとり 所長 遠藤 信彦

     コロナ禍のもと、多くの研修がリモートで開催されています。『専門里親※1』の更新のための研修も、普段ならば東京で行われるのですが、今年は特例で、通信教育となりました。専門里親さんと一緒に、ぼくもその課題に取り組みましたところ、とても勉強になりました。

     どの課題も大事な内容でしたが、特に『子どもの権利擁護』の資料が印象的でした。子どもの権利を尊重すること、子どもが意見をあらわすこと、それを促すことの大事さが、制度や考え方を踏まえて分かりやすく説明されていました。そして、ただ分かりやすいだけに留まらず、資料の作成者と子どもとのやりとりの描写が、なんとも言えずこころに残りました。例えばこんな話です。「保護された少女の今後を考えるため、その子とずっと関係づくりをしていたのだけれど、やっと打ち解けたと思った矢先、その子が不安や怒りを爆発させた。そんな時『子どもシェルター※2』の生活スタッフより『先生、この子のペットを預かってあげてください』と頼まれた。わたしは生き物をあずかることはできないのだが、よく聞くとそれはインターネット上のペットだった。シェルターではスマートフォンなどを預かるため、その子が保護されている間、誰もそのペットに餌をあげることができず、いずれは死んでしまう。そういったことなら、ということでペットをあずかり、少女の代わりに世話をした。私は、その少女が今後、家に戻るのか、施設に入所するのかといったことで頭がいっぱいで、インターネットのペットのことなど聞き流していたのだ。

     ペットの世話だけが原因ではないのだが、少女はその後、落ち着きを取り戻し、自分の将来を見据えることができた。誰にも相談できず苦しい想いを抱えていたその少女の、唯一のこころの支えがそのペットだったのかもしれない。わたしの立場では全くその発想にいたらなかった。生活スタッフの気づきというのはやはりすごいのだなと感じた」といった感じです。描写のはしばしに、子どもたちに向けられる温かなまなざしを感じましたので、一体どんな方がこの資料を作ったのだろうと思いましたら、意外にも弁護士さんでした。東京の弁護士さんの集まりで子どもシェルターを立ち上げられたそうで、保護された子どもには担当の弁護士がつくそうで、このペットの話は、保護された子どもと担当弁護士のエピソードでした。

     専門里親課題をこなした後日、たまたま、深夜に放送されていた『さくらの親子丼2』というドラマを見ました。子どもシェルターで、保護された子どもたちにおいしいごはんを提供している食事スタッフの女性の姿を描いたドラマです。たまたま見たシーンは、主人公が、子どもたちに精一杯向き合っているのに、すぐすぐには信用が得られず、ことばが届かず、トラブルが起きてしまい、悔し泣きをして地団駄を踏んでいるシーンでした。テレビドラマのあらすじというのはたいてい、娯楽として成り立つよういろいろと脚色してあるものですが、子どもたちのことばのはしばしに、えらくリアリティーを感じましたので、一体どこに取材されたのだろう、もしや、と思い調べましたら、取材先のひとつに、先ほどの專門里親課題を作成した弁護士さんたちの事務所がありました。脚本を書いたのは、『金八先生』の最後の方のシリーズを書いた、福祉事務所のケースワーカーの経験がある脚本家さんでした。以前に子どもシェルターを取材した時、是非この取り組みを世間に知らしめたいと思い、長い期間企画をあたため、ドラマ化にこぎつけたそうです。

     里親さんと勉強するのも良いことがあります。ぼくたちのいる児童養護の分野だけでなく、弁護士さんも、脚本家さんも、子どもたちの最善の利益のために、それぞれの立場で尽力していらっしゃいます。このことをいまさらながらに知り、勇気が湧くとともに、自分ももっとがんばらなくっちゃ、と思った、たまたまの一致でした。

     

     

     

    ※1 專門里親

    虐待された児童や非行等の問題を有する児童、及び身体障害児や知的障害児など、一定の専門的ケアを必要とする児童を養育する里親。登録時、更新時に専門的な研修を受ける。

     

    ※2 子どもシェルター

    さまざまな事情で、家庭などで、安全に暮らすことができず居場所がないと感じている子どもが緊急で避難することができる施設。

     


    2020.12.08

  • ある病院のリハビリトレーナーさんのお話

     

    里親支援とっとり 所長 遠藤 信彦

     これは「とてもためになる話だったから、法人のブログに書いて良いか」と許可を得ているので書く話なのですが、親しい里親さんが長期の入院をしておられました。足の関節を治療するもので、大手術であり、長い入院だったのですが、もうすぐ退院されます。もともと元気な方で、健康的な生活をされていたのですが、手術・治療の成果で足の痛みが無くなり、加えて毎日過密スケジュールでのリハビリトレーニングをされるものですから、ますますに輪をかけてお元気でいらっしゃり、ハツラツとしたお声で、入院生活レポートの電話をくださいます。

     退院日が決まった先日、こんな話をしてくださいました。「なごり惜しいとまでは言わないものの、この病院、なにからなにまで本当に快適だったわ。一番良かったのは、スタッフのみなさんが親切でよく気が付かれること。どんな社員教育をしていらっしゃるのかしら。一番はトレーナーさんだったわ。リハビリは、なかなかにハードで、時にはピリッと治療の跡がうずくこともあるのだけど、そんな時トレーナーさんは『あなたのここのところのスジは、もともと、ここからこういった感じにつながっているんだけど、今、こうこうこういった治療段階で、こうこうこうなって突っ張っているかもしれないけど、治っていっているところだから、大丈夫!じゃあ!もうちょっとがんばりましょう!』といったふうに、やさしく、わかりやすく、丁寧に教えてくださるの。自分のからだじゃないのに、人のからだのことを、よく分かるもんだわと感心したわ。結局、がんばらさせられるのだけど、それがいやじゃないっていうか、がんばっちゃうというか、ああ、そういうことなら安心だから、よくなるんだからちょっとくらい痛くてもがんばろう!っていう感じ。あの人が里親したらいい養育されるわ、きっと」という話です。

     この話を聞いて感銘を受けました。当たり前ですが、医療関係者さんは、人のからだの仕組みや、病気のメカニズムと、治療の経過をよくご存知です。リハビリのトレーナーさんであれば、幼い子どもから高齢の方まで付き添われますので、その患者さんの、そのときそのときのからだの状態を、その方その方に分かるように、丁寧に言葉を選んで説明されるのでしょう。それにより、信頼を得て、安心を与え、からだを預かるのですね。そこからさらに、治療に向かうためのやる気まで引き出すのですから大したものです。

     自分をかえりみたところ、自分は制度を分かっているのか、養育のことが分かっているか、その方のご苦労が分かっているのか、その人に伝わる伝え方が出来ているのか、何より、励みになっているのか、などなど、トレーナーさんに見習って精進しなくてはいけない、と、切に思いました。


    2020.11.24