リレーブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園 - Part 3社会福祉法人 鳥取こども学園 | Page 3

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > リレーブログ

リレーブログ

  • 第39回 『事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!』 鳥取こども学園 副園長 藤野 謙一

    2021年5月5日(こどもの日)記

    学園は家族であり、ルーツである
     2021年2月、鳥取こども学園(以下、学園)OBのSさん78歳の葬儀が行われました。血縁者は誰もおらず学園職員などに囲まれて天へ召されました。一人暮らしで末期ガンだったので、OB仲間のいるシェアハウスをSさんが住みやすいように改修工事をしていましたが間に合いませんでした。Sさんは小学4年から鳥取こども学園で生活し、退所後は波乱万丈な人生を経て、晩年は学園の職員となりました。職員になる前から天に召される直前まで、いつも学園事務所に立ち寄り職員と昔話をしたり雑談を楽しんだりしていました。Sさんの遺品整理をしていると、「自分は人のために何をしてきたか?」という自分を卑下する文章が出てきました。人生の壁にぶち当たって、一人孤独に苦悩された足跡です。しかし、晩年は人のために尽くしました。学園の利用者・子どもたちみんなでお別れをしたとき、ある利用者が「僕はSさんに何もお供えできないけど、飴玉なら持っている」と遺影の前にポケットから取り出した飴玉をお供えしました。また、ある利用者は「そういえばSさんは甘い物が好きだったから、バレンタインのチョコをあげよう」と言ってくれました。「人のために尽くした」証(あかし)をもらい、Sさんも天国で喜んでいると思います。
     学園のOB・OGの葬儀は様々です。中には高齢で知った職員も少なく、通夜も数人で葬儀は学園職員を集めて行われる場合もあります。その人その人の人生を最後まで見届け、人間の尊厳を守ります。また、中には県外で天に召されて、遺骨がいつまでたっても学園に届かない場合があります。血縁関係でなければ遺骨は引き取れないとたらい回しにされて最終的に学園に届くのです。そのときには「天に召されてまで、人間の尊厳が侵されるのか!」と怒りを感じます。遺骨は学園のお墓に収められます。
     学園のOB・OGたちは大人になり、自分のルーツ探しのために連絡してきます。最近もあるOBが自分のルーツを探しに学園を訪れました。自分の中で20年以上もポッカリと穴が開いていたルーツが一つなぎの物語として完成したことに喜び、「映画『かぐや姫の物語』主題歌の『いのちの記憶(作詞/作曲:二階堂和美)』の歌詞に『いまのすべては、過去のすべて』とあるけど、本当にその通りだと思う」と言っていました。

    事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!
     前述した内容は学園の営みのごく一部です。数字では表せない、教科書には載っていない、もっと多くのことを施設現場の職員はやっています。これらのことは言葉にしにくく論文も書きにくいのです。また、世間様に知らせたくても人権の観点から大々的にアピールできることは限られていることもあります。特に、現場の職員は目の前の子どもや利用者、保護者に対応することに精いっぱいで外に発信する余裕はあまりありません。上手に言葉にすることも苦手です。
    そんな中で、2017年に施設現場をよく知っている研究者からも批判のあった「新しい社会的養育ビジョン(新ビジョン)」が施設現場(施設の職員や施設で生活している子どもやOB・OG)の声を聴かずして作成され、現在は既にその新ビジョンに出された方針で国は動いています。里親を増やしていくという内容は良いのですが、重篤な状況にある子どもは施設に、そうでない子どもが里親に行くといった直線的な発想で固定化した方針をとっています。学園の子どもたちやOB・OGにそのことを聞いてみると「里親で生活して合わなかったらどうするの?どこかへ異動しないといけないの?私たちに選ぶ権利はないの?たまったもんじゃない」と言っています。ダグハマーショルド元国連事務総長が「大衆を救うために、勤勉に働くより、一人一人の為に全身全霊を捧げる方が気高いのである」と言っているように、里親か施設かというのは、制度で固定化して決めるべきではなく、一人一人の子どもに全身全霊を捧げて子どもの声を聴きながら決めていくべきだと思います。施設のことは、研究者等よりも現場職員やそこで生活する子どもたちの方が何十倍も知っていますが、今は施設現場の職員や子どもたちの声を届ける道すらない状態で制度の方向性が固定化されて進んでいます。このもどかしさや怒りで、思わず次のような言葉を言わずにはいられません。「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!(劇場版『踊る大捜査線』のクライマックスで、ついにブチ切れた青島俊作が偉い人たちに対して発した怒りのセリフ)」

     

     今日は「こどもの日」です。子どもたちを取り巻く社会は大変な状況になっています。しかし、皆様のご理解とご支援によって、我々は子どもたち・利用者さんたち・保護者さんたちと前へ進んでいけます。多くのご支援くださっている方々へ、この場を借りて深く感謝いたします。

     


    2021.05.06

  • 第38回 『新年度を迎えて、改めて感謝を伝えたい』 社福)鳥取こども学園 業務執行理事・児童養護施設長 田中佳代子

    今年も学園前土手の桜並木は華やかに風情を醸し出してくれています。
    鳥取こども学園 桜
    鳥取こども学園(理事長 藤野興一)は法人115年の節目に当たり、栄えある『石井十次賞』をいただくこととなりました。115年間、鳥取こども学園に子どものいない時はなく、子どもたちや施設出身者、歴代職員、地域の皆様方の力添えを受け、創設者であるクリスチャンの精神『愛』を大切に守り、神様に見守られて歩ませていただけたことに改めて感謝を伝えたいと思います。新年度を迎え、今一度襟を正して今後も歩みますので、皆様のご理解・ご協力・ご指導よろしくお願い致します。

    春は、別れと出会いの季節。児童養護施設:鳥取こども学園も3月末から県外への進学、就職自立、家庭復帰と子どもたちを見送る日々が続きました。前年度は、家庭復帰の子どもが例年より多く、5人の卒園と11人の家庭復帰で、一気に16人もいなくなり、例年にない寂しさを感じています。とはいえ、すべての子どもたち・保護者に「つながり続けさせてください」とお願いしており、今後も折りに触れ、私含め職員が見守らせていただけることが喜びです。皆の新しい歩みが幸多きものとなるよう祈ります。

    法人が営む他の事業(児童心理治療施設や乳児院含む13事業)も、同じく新たな気持で新年度を迎えています。全国・世界中どこでも同じ状況だと思いますが、昨年来のコロナ禍で、いろいろなことが様変わりしてしまいました。学園も行事はすべて中止、県外出張もなし、不要な外出の自粛等、人との交わりが極度に減り、リフレッシュの機会やコミュニケーションを取る場面が減りました。マスク着用の日常で相手の表情も読みづらくなり、感知能力も低下したのではと心配します。先日、飲み物を口にするためにマスクを外した職員の顔を久しぶりに見て『こんな顔していたかな。むくんでいるのかな。』と思わず感じた時、これは一大事と思いました。久しぶりに会った地域小規模児童養護施設の子どもの顔がお姉さんらしくなったと感じた時もそうです。当たり前にわかっていたつもりがわからなくなっているのではという不安です。ホーム職員は子どもたちがコロナによる不便さを感じないように、自然を相手に活動したり、楽しみの場を提供するなど、『よく考えるなぁ』と感心する寄り添いをしてくれており、感動と感謝の連続です。今年度はコロナ感染予防だけに終始するのではなく、『どうしたら出来るか』という視点のもと、新たな動きを模索したいと思います。

    『ピンチはチャンス』という言葉があります。
    子どもや保護者の問題が浮上した時は、子どもや保護者と距離を縮める絶好のチャンスでした。同じ視点で『ピンチ』を『チャンス』に換える前向き思考を持ち、多彩な職員の力を借りながら、当たり前の生活を少しでも取り戻す年に出来たらと思います。

    私個人は、学園生活45年目と節目の年となりました。

    多くの子どもたち(OB・OG)に支えられ、多くの子どもたちや保護者、そして職員と紡いだ数々のドラマは私の財産であり、鳥取こども学園を愛する基盤となっています。微力ではありますが、慈善事業時代から子どもたちに寄り添い続けてきた歩みをしっかりと若い力に伝えていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


    2021.04.03

  • 第37回『愛はいつまでも絶えることがない。』社福)鳥取こども学園 理事長 藤野興一

    『たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、私は騒がしいドラ、 やかましいシンバル。たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じて(つう)いようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。
    愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。
    愛は決して滅びない。┉┉┉それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。』
    (コリントの信徒への手紙Ⅰ:13-1~13)

    あけましておめでとうございます。
    ① 日本では松の内といって新年を祝うのは1月15日までですが、西欧では東方の博士たちが幼な子イエスを礼拝した日が1月6日で、クリスマスツリーやリース等のクリスマス飾りは6日まで飾られます。そしてヨセフとマリアがイエスを神殿に連れて行った
    2月2日までがクリスマスとされています。
    ② コロナが世界中で猛威を振るい、日本でも7日、東京と埼玉、千葉、神奈川に緊急事態宣言が発出されました。鳥取県でもあっという間に150名を超える感染者を数えています。そんな中で主の御手の内に生かされ、子どもたちや職員の皆さんと共に2021年の新年を迎えることができました。鳥取こども学園は1906(明治39)年1月13日創立以来115周年、鳥取みどり園は、1951(昭和26)年4月1日創立から70周年を迎えます。
    ③ 冒頭に掲げた「愛はいつまでも絶えることがない。」が学園の創立の精神であり、運営理念です。創立以来、115年間一日も休まず歩んできました。子どもたちは、日課として礼拝を守り、職員も、全職員が関わる礼拝形式の朝会を続けてきたのです。学園(院)の文化としての礼拝は、丸山の学園墓地も含め、学園の霊的財産であり、「愛」の文化です。
    ④ 世界中で子どもたちが殺され続けている中、緒方貞子さん(一昨年10月22日に92才で亡くなりました)は、日本人初の国連難民高等弁務官として度々現地を訪れ、難民の中に入り、死の直前まで彼らに寄り添い続けられました。中村哲さん(一昨年12月4日に73才で銃撃され殺された)は、アフガニスタンで井戸を掘り、ブルトーザーを駆使して運河を創り緑の大地をよみがえらせた偉大な実践家です。「ペシャワール会」鳥取県支部は11月7日に中村哲さんを偲ぶ会を開催しました。石井十次は、岡山孤児院の創設者です。
    3人に共通するのは、神様の愛を信じて希望実現へ向けて、正義と平和のために常に現地の人たちと一緒に歩む現場主義であり、共に歩む実践にあります。
    ⑤ 鳥取こども学園は今まで、キリストの愛に導かれ、人権を守る最後の砦として闘い続けてきました。これを支えてきたのは歴代職員が本当に献身的、先駆的、創造的に子どもや障がい者とその保護者に学びながら当事者と共に歩み続けたところにあります。
    ⑥ いじめや校内暴力、不登校、子どもの自殺、女性の自殺が増え続けています。無差別殺人事件が繰り返され、ユアちゃん事件、ミアちゃん事件のような虐待死事件もエスカレートしています。個々をバラバラにするコロナ状況下にあって一層増幅されます。コロナにより孤立し、誰にも受け止められずにパニクリ、絶望して犯罪やテロ、DVや児童虐待、無差別殺人事件などに走っているのです。何としても事前に食い止めねばなりません。
    ⑦ 豪雨災害、火山や大震災など相次ぐ巨大災害も、頻発しています。コロナは、自然や心よりも目先のお金や物を大事にしてきた愚かさを改めるよう突き付けています。
    ⑧ 鳥取こども学園は、2011年7月の「社会的養護の課題と将来像(課題と将来像)」及び「日本型社会的養護」の先行的実践モデルとなってきました。2017年8月に出された「新ビジョン」は、欧米ですでに破綻している「施設解体論」を展開し、10年にわたる私の全養協副会長・会長時代を通じて2015年4月から長年動かなかった職員配置基準の大幅改定、小規模ケアホーム加算、家賃補助の実費支給、大学・専門学校進学費用への措置費対応など、都道府県等が認めればみな可能となったのです。しかし「新ビジョン」は、「課題と将来像」の実績を反故にしようとしています。反故にさせない闘いが必要です。
    ⑨ 今年80才になります。主の御心ならば、大病や老化現象に負けず、100才を目標に若者たちの闘いに加わりたいと願っています。
    ⑩ 皆様の上に、神様の豊かな祝福と何よりも子どもたちの幸せ、世界平和実現に一歩でも二歩でも近づくよう祈念して新年のご挨拶とさせていただきます。


    2021.01.09