里親支援とっとりブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 里親支援とっとりブログ

里親支援とっとりブログ

  • いもほりに行ってきました!

    里親支援とっとり 所長 遠藤 信彦

     鳥取全県の里親さんと顔なじみになりたいので、里親さんが集まる機会には極力参加させてもらっていたのですが、コロナ禍のため控えており、お誘いも無かったところ、このたび、久しぶりに声をかけてもらえたので、芋掘りイベントに参加してきました。

     ご無沙汰していた方が多く、会うひと会うひとと近況の報告を交わしながら、うねにそって掘り進めているうちに、里子の、小学生の男の子と鉢合わせました。イベント終了までタッグを組むことになります。

     この男の子のことはよく知っていますが、これまでそれほど遊んだことがなく、即席コンビです。そのわりに息ピッタリで掘り進めます。

     

    「これはでかいぞ!きみはそっちから!底から掘り下げて!」

    「よし!じゃあ底で貫通させよう!手が届いたらトンネル完成だ!」

     

    大物が見つかるとなおさら大事に、折らないよう傷つけないよう掘り上げます。まわりに自慢することはかかせません。

     

     いつも芋掘り指導してくださる方から「こう、ぽっこりしている箇所は『レン』で収穫できるから、手探りでみつけてまわりから掘るように」と教わったので、さもそういうところを見つけたあかつきには

     

    「よし!ここは『レン』だぞ!」

    「うん!『レン』でいこうぜ!」

     

    きっと、連なってとれるので「連」というのだと思うのですが、意味を知ろうが知らまいが、意気だけはあいます。芋づる式の『レン』で収穫できたときの達成感は格別です。もちろん自慢も忘れません。

     

     50てまえのおっちゃんと小学生男子の快進撃は続きます。

     

    「今度はあのおばちゃんたちのお手伝いをしよう!」

    「こんなにいっぱいありがとねえ!」とほめられるとまんざらでもありません。鼻息荒く、結構な数を掘りあげました。

     

     なんてことのないやりとりなのですが、感慨深いものがありました。

     この男の子は小さなころ、わりあい落ち着きが無く、集中がむずかしいところがありました。里親さんはもとより、多くのおとなが支えています。こうして、即席コンビで作戦会議をして、楽しく作業できたこと、落ち着きぶりに、全員野球による支えの、たまものを見た気がしました。

     

    「おかあちゃん!このでかいいも!もらってかえるやつだから持っていっておいて!」

     

     それですのに、里母さんにはえらそうな物言いで、ちょっと笑ってしまいました。里母も大したもので、「自分で行きなよもう」と苦笑しながら意に介しません。作業はがんばるけど、かあちゃんには甘えちゃう、というのも、とても健康だと思います。

     

     抜けるような秋晴れのもと、たくさんのおいもと、楽しかったやりとりの満足感をもって帰路につきました。


    2022.10.16

  • 里親によるショートステイ・トワイライトステイに思うこと③

    里親支援とっとり 所長 遠藤 信彦

     

     親御さんの病気など、急なことで子育てがむずかしいとき、いっとき子どもを預けることができる「子育て短期支援事業(ショートステイ・トワイライトステイ)」という、市町の取り組みがあります。

     昨年度、法律がかわり、このショートステイ・トワイライトステイを、どんどん里親さんに受け入れてもらおうという方針が打ち出されました。

     ここに至るまで、また、至ったのち、さまざまなドラマがあります。シリーズで書きたいと思います。(このパート③が最終です)

     

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     

     児童相談所が子どもを『保護』し、長期間里親や施設に預けることは、鳥取『県』行政のしごとです。これまで、市町村の職員さんは、「遠藤村の遠藤さんっちゅうかたは里親さんをしょうられるだってなぁ?」程度に、自分のたずさわる地域に里親さんがいることを、おぼろげには分かっていても、里親名簿もなく、人柄も取り組みも知らないという現状がありました。

     親御さんの病気など、急なことで子育てがむずかしいとき、いっとき子どもを預けることができるショートステイ・トワイライトステイの取り組みは『市』や『町』のしごとです。今後、里親さんが、鳥取県行政からのみではなく、自分の暮らす『市』や『町』からのお役目もになうことで、地域にもっと身近な存在となります。

     里親さんは、古くから、子どもの最善の利益のために、つつましやかに人知れず取り組んでこられました。自分が居をかまえ暮らしている地域全体から『困ったときや、疲れたときはあの遠藤さんを頼ればいいだでぇ?』『ええことをしょうられますなあ!感心感心!がんばってつかんせえよ!』『わしらのかわりにすんませんなあ。なんか手伝えることはないかいな?』といったふうに、応援のエールが、聞こえてくることが理想です。

     地域の子育て支援をもっと充実させたい市町村の職員さん、地域にもっと貢献したい里親さん、さまざまな人の想いが実り、この理想に、いくばくか近づくことを、とても嬉しく思っています。

     

    (この文章は、鳥取県里親会東部部会発行「東部里親だより号外」に掲載されたものの原文です)


    2022.09.12

  • 里親によるショートステイ・トワイライトステイに思うこと②

    里親支援とっとり 所長 遠藤 信彦

     親御さんの病気など、急なことで子育てがむずかしいとき、いっとき子どもを預けることができる「子育て短期支援事業(ショートステイ・トワイライトステイ)」(以下ショート等)という、市町の取り組みがあります。

     昨年度、法律がかわり、このショート等を、どんどん里親さんに受け入れてもらおうという方針が打ち出されました。

     ここに至るまで、また、至ったのち、さまざまなドラマがあります。シリーズで書きたいと思います。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     ショートステイ・トワイライトステイ(以下ショート等)の里親受け入れは、鳥取県では現在、鳥取市・智頭町・八頭町・倉吉市・米子市・伯耆町の3市3町が取り組んでいます。これからもっと増えてくると思います。

     ひんぱんにショート等を利用する際、親御さんと子どもさんからすると、同じ里親家庭のほうが安心します。不定期で、継続して、同じ子どもさんのショート等を受け入れている里親さんが数件ありますが、そのうちのお一人はこう話されます。「ひんぱんにショート等を使われる親御さんは、里子の実家庭の親御さんと同じくらい困難を抱えていることがある。時折、なんとか休憩をとりながら、いっぱいいっぱいで家庭を守っている。子どもたちからしたら、どうしたって自分の家が良い。そういった意味で、この事業の意義は大きい」とのことです。

     実際に、ショート等利用数が多い地域は、子どもが保護されるパーセントが少ないという見立てがあります。ショート等の受け入れ手が充実し、また、このことが広く周知され、困難を抱えている親御さんがもっとこころやすく休憩をとることができるようになれば、子どもたちは、保護に至ることなく、自分の家を離れることなく、すこやかに育つことができると言えるのです。これまで利用のニーズは多くあったものの、施設の受け入れに限界がありました。ショート等受け入れを引き受けることに手を挙げる里親さんは多くいます。その多くの手が、子どもたちのすこやかな育ちの、さらなる保障となります。(続きます)

     

    (この文章は、鳥取県里親会東部部会発行「東部里親だより号外」に掲載されたものの原文です)

     


    2022.07.13