第34回『60歳からの手習い』保育所 鳥取みどり園 副園長 川下 泉 | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > リレーブログ > 第34回『60歳からの手習い』保育所 鳥取みどり園 副園長 川下 泉

リレーブログ

第34回『60歳からの手習い』保育所 鳥取みどり園 副園長 川下 泉

はじめまして 川下 泉と申します。
前勤務先から、田中園長先生・竹中院長先生には、「一人一人のお子さんのありのままを受け止め丁寧に寄り添うこと」を教えて頂き、勤務してまいりました。
その後退職し、心の中にポツンと寂しさを感じた時、それは、『子どもを抱きしめられなくなった寂しさ』と、気づきました。
そして、先生方にお声かけ頂き鳥取みどり園に、0歳児・1歳児の保育という未知の世界にご縁を頂戴し、半年が経とうとしています。以上児の幼児はもちろんのこと、小さな身体のお子さんとの触れ合いの時間に、今、私の心は満たされています。

お子さんの大事な一日の時間を保育園のお父さんお母さんお姉さん先生が、全身全霊をかけて保育されている姿にたくさんの喜びと感動を頂き、お子さんの純粋無垢な笑顔と元気に励まされ、私は癒されています。
0歳児・1歳児が、温かい保育の中で育っていく集団の素晴らしさ・集団生活のスタートが、いかに大切で、その基礎が就学前教育・保育へと繋がっていく手応えを目の前にしています。
今日も、2か月のお子さんに140㏄のミルクを飲んでもらい、60歳の体に鞭を打ちながらも、愛おしさと達成感を感じた日でした。
皆様との出会いに感謝申し上げます。


2020.10.01