リレーブログ 第12回 地域若者サポートステーション 星見所長 | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > リレーブログ > リレーブログ 第12回 地域若者サポートステーション 星見所長

リレーブログ

リレーブログ 第12回 地域若者サポートステーション 星見所長

 地域若者サポートステーション、通称「サポステ」は15歳から39歳の若者等で就労、修学及び職業訓練の受講のいずれもしていない方を就職に結びつくよう支援を行っています。サポステは全国に160カ所あります。
 若年無業者。ニートといわれる若者は、平成27年版子供・若者白書によると、15~34歳で56万人に上ります。この数字は鳥取県の人口と同じです。サポステの支援対象者である35~39歳の年齢層を加えると76万人にもなります。
サポステとっとり サポステよなご
 少子化により労働人口が縮小していくなかいろいろな施策がとられていますが、9月11日に国会で「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立しました。テレビや新聞の報道でご存じの方も多いと思います。
 同じ日に可決成立した法案の中に、サポステに関係するものもありました。
勤労青少年福祉法等の一部改正が行われ、勤労者青少年福祉法の題名が改められ、「青少年の雇用の促進等に関する法律」となったのです。

  • 青少年の雇用の促進等に関する法律(一部を抜粋)
     (職業生活における自立の促進)
    第23条 国は、就業、修学及び職業訓練の受講のいずれ もしていない青少年であって、職業生活を円滑に営む上での困難を有するもの(次条及び第二十五条において「無業青少年」という。)に対し、その特性に応じ た適職の選択その他の職業生活に関する相談の機会の提供、職業生活における自立を支援するための施設の整備その他の必要な措置を講ずるように努めなければ ならない。
     第24条 地方公共団体は、前条の国の措置と相まって、地域の実情に応じ、無業青少年の職業生活における自立を促進するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

     この法律で国の責務として無業青少年の職業生活の自立を支援するために必要な施設を整備しなさいとしています。その必要な施設とは「地域若者サポートステーション」を指しています。ニートの若者を支援してきたサポステが重要な支援の機関として認められたということは大変意義深いものがあります。
    鳥取県には「とっとり若者サポートステーション」が鳥取駅南口にある鳥取フコク生命駅前ビル一階に,「よなご若者サポートステーション」がイオン米子駅前店四階にあります。皆様もお気軽にお立ち寄り下さい。


2015.09.17