第12回 児童心理治療施設中四国ブロック職員研修会 | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 希望館ブログ > 第12回 児童心理治療施設中四国ブロック職員研修会

希望館ブログ

第12回 児童心理治療施設中四国ブロック職員研修会

 

 

 

 


 中国地区四国地区の児童心理治療施設の協議会で毎年開催されている職員研修会が鳥取市で開催されます。
1 日 時

  平成29年10月26日(木)12時受付開始 13時開会
  平成29年10月27日(金)12時閉会

2 場 所
  鳥取シティホテル(鳥取市えびす町471) 会場ホームページはこちら

3 テーマ
 「児童心理治療施設と子どもの権利」~自由と制限をめぐって~ 

4 参加施設
  津島児童院(岡山県)、児童心理療育センターみらい(島根県)、広島市こども療育センター 愛育園(広島市)、子どもの家 三美園(広島県)、山口県みほり学園(山口県)、若竹学園(香川県)、さくらの森学園(高知県)、ひまわりの家(愛媛県)、鳥取こども学園希望館(鳥取県)

5 主 催
  全国児童心理治療施設協議会 中国・四国ブロック協議会・社会福祉法人鳥取こども学園 鳥取こども学園希望館

4 日程と内容
 ☆第1日目(平成29年10月26日)
(1)基調講演 講師 鳥取こども学園希望館 館長 西井啓二
 改正によって児童福祉法に「子どもの権利条約」の理念が取り入れられました。児童心理治療施設にとって、どのような意味やこれからの課題が生じるのでしょうか? 人権の発生と歴史、そして今日的課題を提案します。
(2)基調講演を受けての情報交換 進行 鳥取こども学園希望館 主任児童指導員 水野壮一
 御参加の予定の皆さまにテーマに沿ったアンケート(無記名)に御回答いただきました。集計結果を御紹介すると共に意見交換のスタートとします。

☆第2日目(平成29年10月27日)
(3)グループディスカッション 進行 鳥取こども学園希望館 副館長 藤野謙一
  助言者 弁護士法人やわらぎ 代表弁護士 大田原俊輔 ホームページはこちら
 「児童心理治療施設と子どもの権利」~自由と制限をめぐって~のテーマにそって意見交換を行います。子どもと職員の関係で生じる様々な衝突と「子どもの最善の利益」との折り合い、あるいは施設のルールや行動の制限をどのように活用するのか。結論のない課題ですが、御参加の皆さんが所属の施設で子どもと対面した時にふと考えを巡らせることのできるようなきっかけを作りたいと思っています。

 参考      子どもの権利条約/ユニセフ

     子どもと施設の権利擁護全国ワークショップ 

  


2017.09.22