BeachVillageからのたより | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > はまむら作業所ブログ > BeachVillageからのたより

はまむら作業所ブログ

BeachVillageからのたより

出勤と同時に朝の収穫作業が始まっていました。

 みなさん、お元気ですか。BeachVillageのブログ更新は、半年以上も間合いが空いてしまいました。少ないスタッフで慌ただしい日々を過ごしていますので、ブログ更新が後回しになってしまっています。前回更新の「大雪情報」以降、白ネギの出荷が終わり、あっという間にエシャロット加工の季節も過ぎてしまいました。田植えも終わり、稲は順調に育っています。今は、夏野菜の取り入れが始まっています。
 平成28年度は、BeachVillageの存続を賭けたチャレンジの年でしたが、皆さまの御理解と御協力により、通ってこられる御利用の方々も徐々に増え、定員の増加(B型)をしました。昨年度後半から利用者が安定して、通ってこられるようになったことで10人とか15人のグループで賑やかにやっています。
 他の作業所でうまくいかなかった方々もいらっしゃるのですが、beatVillageののんびりとした雰囲気になじんでくださっているのは、ありがたいことです。

 実は筆者もしばらくぶりの訪問になったのですが、ずいぶんと雰囲気が成長していて、BeachVillage全体に「おだやかな働く気持ち」が拡がっていました。朝の収穫やケチャップ用トマト畑の除草等々、慌てないで取り組めるところがBeachVillageの特徴ですね。受託作業も拡大充実しつつあります。一方、利用者が増えて、新たな悩みも増えています。送迎に時間がかかってしまい作業の時間が削られてしまうことやスタッフの気持ちが利用者の皆さんに行き届かない時もあるようです。大きなトラブルはありませんが解決可能な課題として取り組んでいます。送迎を専門にとり組んでくださる有償ボランティアの導入やもう一人スタッフの増員を検討中です。これからも御協力と見守りをお願いします。

文責 西井啓二

 

皆さんがそろうと山岡所長を中心にブリーフィングが始まります。

皆さんがそろうと山岡所長を中心にブリーフィングが始まります。

ハローウィン用の巨大カボチャを作っているそうです。

ケチャップ用トマトの受託栽培です。

正体不明の構築物を発見しました。温泉を汲み上げてお風呂をつくるらしいのですが まだ 道のりは長いようです。

  

 

 

 


  

    


2017.07.18