エシャロット加工 作業 | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > はまむら作業所ブログ > エシャロット加工 作業

はまむら作業所ブログ

エシャロット加工 作業

 「ラッキョ」の加工作業が始まりました。鳥取県の名産品のひとつであります「砂丘ラッキョ」は、このシーズンに収穫され、加工されて全国の家庭やレストランのテーブルにのります。はまむら作業所では、収穫直後のラッキョの加工をしています。

☆根切り作業の様子
①毎日15箱、収穫直後のラッキョでいっぱいになったコンテナが届きます。
②コンテナから取り出して ラッキョの根と茎の方向をそろえます
③機械を使って 根と茎を切り落とします(機械はスタッフが使います)
④機械で切り落とせなかった根と茎を点検して 整えます(はさみを使います)
⑤元のコンテナに戻します。
 ※はまむら作業所が請け負っている根切り作業は、根付きラッキョとのことで1~2㎝の根が着いている必要があるそうです。

 コンテナの中にはラッキョが満載です 機械にかける前の根と茎のついた加工前のラッキョです

 

 機械を使うとはいえ なかなか根気のいる作業で15箱全部の加工が終わるまで終了できないため、「続きは明日」というのができません。しかも、5月中旬から6月中旬まで収穫期には金曜日以外の毎日です(土日も)。

 法人のいろんな方々がお手伝いをしてくださっています。「エシャロットクラブ」と称して、利用者の皆さんと一緒に ラッキョの根切り作業をします。

 昨年に比べて はまむら作業所には「仕事をしよう!」、「作業をしよう!」というムードが高まっています。それぞれの利用者の皆さんがそれぞれのペースでそれぞれの作業をします。

 のんびり ゆったり おしゃべりをしながら 手は働いています。 6月1日 田植えも終わりました

 


2016.06.05