第6回鳥取県市町村要保護児童対策地域協議会担当者研修会 | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 支援センター希望館ブログ > 第6回鳥取県市町村要保護児童対策地域協議会担当者研修会

支援センター希望館ブログ

第6回鳥取県市町村要保護児童対策地域協議会担当者研修会

 NPO法人「子どもの虐待防止ネットワーク鳥取」(CAPTA)が鳥取県中部地震で延期となったいました「こころの音楽会」に併せて、予定していました、鳥取県弁護士会 大田原弁護士の講演を改めて開催することとしました。

※演  題 懲戒権行使と体罰の禁止 ~児童福祉法改正が体罰禁止の後退とならないために
※講  師 弁護士法人やわらぎ 弁護士 大田原 俊輔 氏
※日  時 平成29年1月18日(水) 13:30~15:30(開場13:00)
※会  場 倉吉交流プラザ 視聴覚ホール(倉吉市駄経寺187-1 倉吉パークスクエア内(0857-47-1181)

※研修内容
  児童福祉法改正に伴い「監護及び教育に必要な範囲を超えて該当児童を懲戒してはならない」とされたことについての講義。
 

①学校教育法における体罰の禁止、②懲戒権行使と体罰の禁止、③鳥取県内で講師がかわった体罰事件、④現実の訴訟で行政側が用いた弁明、⑤5年後の見直しで体罰の全面的禁止の法定化への課題、の以上5つの項目を中心に「しつけ」について法律の視点から説明していただきます。

  <申込み方法・問い合わせ先>

参加申込書の項目(氏名等)を記載し、郵送、ファックス、電子メールのいずれかにより、1月13日(土)までにお申し込みください。また、事前に質問したいことがありましたら合わせてご記入よろしくお願いします。
郵 送  〒680-0061 鳥取県鳥取市立川町5丁目401番地 NPO法人 子どもの虐待防止ネットワーク鳥取
問合せ  電話番号:0857-21-4111
※ファックス 0857-27-0415  ※電子メール info@npo-capta.org

  第6回要対協研修案内パンフレット(PDF)

中央大学法学部法律学科卒業。その後、司法試験に合格し、「弁護士法人やわらぎ」設立。代表弁護士となる。消費者被害事件を中心に活動を行っていたが、近年は離婚・相続等の家族や家庭に関連する分野と幅広い活動を行っている。法律の知識だけでは対応できず苦しい思いをしたことから、現在は日本家族研究・家族療法学会の正会員となり、司法と心理の領域について精神科医や臨床心理士と研究をしている。鳥取県弁護士会会長・鳥取県弁護士会子どもの権利委員会委員・NPO法人子どもの虐待ネットワーク鳥取理事


2016.12.19