リレーブログ | 社会福祉法人 鳥取こども学園 | Page 4

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > リレーブログ

リレーブログ

  • 第24回『メリークリスマス☆』保育所 鳥取みどり園 園長 中村 秀子

    赤く染まった桜の葉もすっかり舞い落ちて日ごとに寒さを感じる季節になりました。
    12月に入った今、園内でも子どもたちと一緒にクリスマスを迎える準備を進めているところです。

    さて先日、一足早めのクリスマス!!・・・と称して子どもたちのところにサンタがやって きました。
    子どもたちの大好きな給食用の食材を搬入してくださる株式会社 戸信さんです。
    トナカイとサンタに扮した突然の来客に子どもたちはビックリ!!
    しかし、わずか数秒後には皆喜びに満ちた笑顔に変わっていました。
    「わあ~っ。ホンモノのサンタさんだあっ!!」・・・(^_^;)

    クリスマス祝会に向けて毎日練習を頑張っている子どもたちにシフォンケーキとジュースをプレゼントしていただきました。
    お礼に子どもたちから歌のプレゼント・・・もちろん、曲名はわかりますよね!
    『あわてんぼうのサンタクロース☆』

    夢と希望を運んでくださったサンタさん、トナカイさんに感謝? 
    これからも子どもたち一人ひとりの成長をどうぞ温かく見守っていてくださいね(*^o^*)


    2019.12.18

  • 第23回『館長の卓球クラブ』児童心理治療施設 鳥取こども学園希望館 館長 花川 治応

    希望館 館長の花川です。
    特技は卓球、毎年行われる卓球大会の連続チャンピオンです。

    子どもたちから「卓球しよう!」と誘われ、いつの頃から体育館で学園の子どもたちと卓球をして遊ぶようになりました。
    子どもたちはみな口々に「今年は強くなってチャンピオンになる!」と言います。
    はじめは相手コートに返すのがやっとだった子どもたちは、今では狙って相手の一番打ちにくいところにスマッシュを打てるようになってきました。
    今年度も1月にいなば鳥取ライオンズクラブさんの主催で卓球大会が開かれます。
    今年の卓球大会が楽しみです。


    2019.11.27

  • 第22回『キジバト再来』乳児院 鳥取こども学園乳児部 院長 竹中 成代

    朝夕涼しくなり始めた9月下旬、乳児部事務所から乳児部院庭を眺めると1羽の鳥が。

    「ハトかな?」・・・近くにいた職員に「みてみて、ハトがいる」と知らせ様子をみていると直ぐどこかへ飛んで行ってしまいました。
    後日見かけた時は2羽がいて、院庭倉庫の上でくちばしには小枝をくわえていました。巣作りをしようと見ている先は藤の葉が茂った棚の上。
    「もしかして」・・・昨年11月に同じ藤棚でひな鳥が誕生し巣立って行ったことを思い出しました。
    ネットで検索の結果、鳥の大きさ、色、柄、形から「キジバト」のよう。樹上に小枝等を組み合わせ皿状の巣を作るのだが古巣を利用することも多いそう。


    昨年の古巣を活用しようとたずねて来たのかな。乳児部の院庭の藤棚から巣立ったことを覚えていて再度その巣をたずねて帰って来てくれたのだろうと勝手に推測し、感動し、嬉しく思いました。
    子どもたちも鳥がやって来ていることに気がついていて、「可愛いなぁ」と言いながら部屋の窓から様子を見守っています。
    乳児部は子どもたちにとっては通過施設ではありますが、安心で安全な場所でなければなりません。この度のキジバトの再来を重ね、乳幼児期に過ごした乳児部が心地良かったと感じ、いつでもたずねて来てもらえる場所でありたいと思いました。
    子どもたちとともに新たな命の誕生を楽しみにしたいと思います。


    2019.10.08