第27回『暖かい冬の日に』乳児院 鳥取こども学園乳児部 副院長 竹森香理 | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > リレーブログ > 第27回『暖かい冬の日に』乳児院 鳥取こども学園乳児部 副院長 竹森香理

リレーブログ

第27回『暖かい冬の日に』乳児院 鳥取こども学園乳児部 副院長 竹森香理

 世界の各地で新型コロナウイルス感染症が流行し、3月になってすぐに日本各地の小中学などは突然休校となりました。楽しみにしていた行事を自粛したり、縮小したりと子どもや周りの大人たちたくさんの方が困られていると思います。そんな、非日常的な出来事が目の前で起こり戸惑う私たちをよそに、乳児部の乳幼児たちの様子はいつも通り。ただ、遊びに出かける場所が限られてしまい自由度がちょっぴりなくなりました。

 3月といえば、乳児部にとっても別れの季節。大きくなった子どもたちは次なる育ちの場へ。お話がたくさんできるようになり大人とのやり取りも一段と楽しめるようになった子どもたち。賑やかな活気のある毎日を届けてくれるのはこの子たちだと感じています。
その子どもたちと1年を通して、“わくわくタイム”という遊びの時間を作り、楽しんできました。公園や海、バーベキューなどワクワクすることをたくさん体験しました。この時間は、子どもたちが普段一緒に生活している職員ではない、ちょっと離れたところにいる職員(おっちゃん・おばちゃん的な関係とでも言いますか・・・)との時間です。

 ある暖かい冬の日。行きつけのかにっこ館で遊んだ帰り道。小雨に日差しがまじる(狐の嫁入り)中、車を走らせていると、しばらくして目の前に大きな虹が現れ、「わぁ~」と大はしゃぎする子どもたち。私が、「ラッキーな日だね!」というと、「なんで?(ラッキーなの?)」「なんで?」と。車で追っかけても逃げていく虹に「なんで?」「なんで?」と車中は疑問符だらけ。学園に着いてもまだ出続けている虹にみんなで声をあげて「ラッキー!」と叫ぶ。「これからもいいことあるね。」とお話しながらしばらくの間、空にかかる虹を見ていました。

 みんな、元気で心も体も大きく育て!!と願わずにはいられないひと時でした。


2020.03.17