国際女性デー (館長記) | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 希望館ブログ > 国際女性デー (館長記)

希望館ブログ

国際女性デー (館長記)

 Googleで今日 3月8日が「国際女性デー」であることを知りました。昨日、『新聞と「昭和」(下)』(朝日文庫)の「女たちの昭和史」という章(280頁)を読んでいました。偶然です。日本での女性参政権は第二次大戦後の1946年(昭和21年)4月の衆院選挙から始まっています。鳥取こども学園の園長が生まれた時には、「まだ」、希望館の館長が生まれる「少し前」まで女性には参政権がなかったのですね。その時に当選した女性議員は39人ですが、この記録は2005年の43人まで破られなかったのです。
 ウーマンリブ運動は1971年頃。1975年が国際婦人年でした。その頃から婦人相談所の相談に「夫からの暴力」(DV)を主訴とする相談が見受けられるようになりました。

 時代は流れているのですが皆さんの身の回りのジェンダー(社会的性差)は、どのような状況ですか?

 昨年のノーベル平和賞受賞のマララ・ユスフザイさんのお父さんがTEDでのプレゼンを引用します。

「周りの人達から マララみたいに強くて 勇敢で雄弁で 落ちついた子供の 育て方の秘訣を聞かれます」私の答えは 「私が何かしてあげたのではなく、あることをしなかったお陰でしょう。」、「それは私がマララの『翼』を切り取らなかったことです。」
https://www.ted.com/talks/ziauddin_yousafzai_my_daughter_malala?language=ja

マララ・ユスフザイさんは、子どもと女性の権利を取り戻す象徴です。違った文化の遠い国のことではなく、施設で働く私たちの象徴だと思っています。ちなみに国際子どもデーは、世界的には、子どもの権利条約が採択された11月20日だそうです。日本では、勿論5月5日です。

国際女性デー 3月8日


2015.03.08