「てくてく」そうめん流しをしました | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 希望館ブログ > 「てくてく」そうめん流しをしました

希望館ブログ

「てくてく」そうめん流しをしました

鳥取こども学園希望館通所部門・不登校児童等グループケア「てくてく」では、真夏の晴天の下、そうめん流しをしました!

 

 世は夏休み。てくてくでは夏休み中も、回数時間を減らしてですが活動を行っています。「夏休みだからこそできることをしよう」と毎年企画しているのがこのそうめん流しです。

 

 まずは下準備から。そうめんだけではなく、ざるラーメン、卵焼き、ウインナー、ミニトマト、キュウリ、オクラ、柴漬け、フルーツの缶詰やブドウなど、様々なものを用意。事前のアンケートではそうめんしか希望していなかった子も(こんなものも用意するんだ)といった感じで見ていました。

そうめんを流す「とい」も準備(この竹は、学園の里親支援に関わる方達が準備してくれました◎)。

さあ!いよいよ流しますよ!

てくてくメンバーだけでなく、子ども家庭支援センターの職員も代わる代わる参戦。子ども達と一緒に盛り上がりました。

 

 最高気温予想34℃の暑さの中でしたが、水の流れる音と、つるっと喉ごしのよいそうめんのおかげで(あと、デザートに食べたアイス♪のおかげで)、少しだけ涼しい気持ちになれた活動でした(^-^)

 

今後も「てくてく」では、様々な体験活動を通して、こどもたちが経験と自信を増していけるようにしたいと思います。


2018.08.24