雪降らないで!いや降って! | 社会福祉法人 鳥取こども学園

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > こども学園ブログ > 雪降らないで!いや降って!

こども学園ブログ

雪降らないで!いや降って!

今週日曜日、月曜日の大寒波、鳥取市も25年ぶりに真冬日を観測しました。とはいえ、車が立ち往生する程の大雪を恐れていましたが、いい意味で予想を裏切られました。
20160125_082051

 

 

 

 

今日は気温が10℃を超え、鳥取市内は完全に雪が溶けてしまいました。
20160128_144241

 

 

 



過ごしやすさのことを考えると喜んでいいのですが・・・。
鳥取こども学園は、施設全体でどこかに旅行に行くということは、10数年していません。小舎制の各ホーム単位で、各ホームの子どもと担当職員が話し合って、行き先を決めます。遊園地に行ったり、キャンプに行ったり、海水浴に行ったりなどなどしています。この時期は数ホームが、スキーやスノーボードをするため、毎年ゲレンデに行っています。
暖冬ということで、鳥取県東部にある若桜氷ノ山スキー場も、本来であれば昨年の12月19日にスキー場開きの予定でしたが、積雪が足りず、先週末の20日にやっとスキー場開きとなりました。それでも昨年のこの時期の半分の70cmしか積雪がないようですので、このまままた雪が降らなければ、例年より早く2月に閉じてしまうのではないかと心配しています。子どもたちも楽しみにしているので、「ゲレンデ『には』雪が降って下さい」というのは都合のいいお願いでしょうね。
実は、私も一緒に行くホームもありますので、楽しみにしています。

(学園の主任)


2016.01.28