施設に関するお知らせ | 社会福祉法人 鳥取こども学園 - Part 5社会福祉法人 鳥取こども学園 | Page 5

社会福祉法人 鳥取こども学園は、キリスト教精神にもとづいて創立されました。その基本理念は『愛』です。

TEL. 0857-22-4200
ホーム > 施設に関するお知らせ

  • CAPTA「いのちを考える音楽会」5月13日.

     「教育家族」による凄まじい虐待のサバイバー、ソプラノ歌手 村上彩子さんの命の歌と語り「いのちを考える音楽会」の御案内をします。
    日 時
     平成29年5月13日(土) 13:00開場 13:30開演 16:00終演
    会 場
     カウベルホール(メインホール) 東伯郡琴浦町 0858-53-1516

     5月5日子どもの日から5月12日まで、児童福祉週間です。
      児童相談所の子ども虐待対応件数10.3万件、虐待死事件が5日に
    1人、不登校小中学生12.3万人・高校生7万人、ニート引きこもり推定70万人、DV10.2万件、という数字を見ても、日本の子どもたちは今極めて困難な状況に置かれています。川崎市や寝屋川市の中一少年殺害事件のような居場所のない浮遊する子どもたちの被害・加害事件も後を絶ちません。

     そのような中で、昨年6月3日施行の改正児童福祉法では、1989年11月20日国連で採択され、1994年5月に日本が批准した「子どもの権利条約」で言う「子どもの権利」、「最善の利益」、「意見表明権」などが児童福祉法の第1条、第2条に規定された意義は大きい。今まで「親権」は民法で規定されていたが、子どもの権利が日本の法律に初めて規定されたのです。

     ソプラノ歌手村上彩子さんは、「教育家族」による凄まじい虐待のサバイバーです。今では国際的にも活躍されている村上さんは、教員の両親から、特に父親の暴力を含む被虐待の当事者としての叫びを歌と語りによって、私たちの魂に響き渡る深い感動を与えてくださいます。

     死線をさまよいながら両親と決別し、働きながら東京芸術大学声楽科に7度目の受験で合格されるまでの挫折と絶望を乗り越えられた命の歌と語りは、私たちに改めて命の大切さを問いかけます。

    村上彩子オフィシャルページ

    村上彩子Facebook
    いのちを考える音楽会御案内 パンフレット PDF

    社会福祉法人鳥取こども学園常務理事・全国児童養護施設協議会会長
     藤 野 興 一


    2017.05.01

  • 「いろどり」も「かつらぎ」も「あかり」も雪の中です.

    33年ぶりの大雪。「いろどり」、「かつらぎ」、「あかり」の様子をお知らせします(地域小規模児童養護施設)。それぞれに様子を尋ねたら、写真を届けてくださいました。

    「いろどり」
    今日は、小中学校が休校なので子ども達は「いろどり」で待機中です。体調を崩すことなく、土日も大雪の中、庭で雪遊びをして元気に過ごしています。

    大雪の「いろどり」

     

    「かつらぎ」
    ご近所様、地域の方々の御協力もあって、除雪作業を行う事ができ、久しぶりにアスファルトを拝むことが出来ました。地域の協力あってこその生活であると改めて実感しています。子どもたちは楽しく雪と戯れながら、雪かきや料理などの自分の出来る範囲でのお手伝いをしてくれています。大雪は大変ですが、普段は見られない姿を見ることにも喜びを感じます。病気もなく元気に過ごせていることに感謝です。

    雪に埋もれた「かつらぎ」

     

     

    「あかり」

    被害はありません。近隣の方々と協力して雪かきをしてなんとか道ができました。雪の捨て場がなくて困っています。
    職員の駐車場の雪かきは手付かずです。周辺で多くの車がスッタクしており車を出すのが怖いです。

    「あかり」 雪の中

    「あかり」 前道路 雪の中

    「明かり」前道路 雪だらけ

    「あかり」 洗濯物干せない

    「あかり」除雪 苦労の跡

     

     

     

     


    2017.02.13

  • 33年ぶり 大雪になりました。.

     平成29年2月10日 深夜から降り始めた雪は、33年ぶりの記録的な大雪となりました。「90センチを超える」とのニュースでしたが、ところによっては100センチともそれ以上とも言われています。鳥取市周辺では、公共交通機関もストップし、現在(2月13日午後)もJRは一部回復した模様ですが市内を走るバスは運休のようです。
     幹線道路を含めて交通が遮断してしまい大きな交通渋滞が発生したようです。鳥取こども学園の周辺は、生活道路なので除雪が行き届かず、子どもたちも職員も苦労しています。33年ぶりなので子ども達は勿論のこと職員も生まれて初めての体験で毎日続く除雪に疲れています。ともあれ、子ども達は元気に雪を楽しんでいるようです。人的な被害は、職員の除雪疲れのみです。建物の被害は、ありません。食材もきちんと業者が納品してくださっていますから、食事は大丈夫です。 
     今日(2月13日)は月曜ですが市内の小中学校・高校は休校となっています(喜んでいる子どもたちもいるようです。)。エンジン付きの除雪機は、ありますが これだけ積もってしまうと、とても間に合わないのですね。今、学園の職員は、除雪疲れでへとへとです(33年前の大雪経験者としては、大きなローダーがやってきたら、輝いて見えるのでしょうね。道路を除雪しているローダーを見ても「あれってこっちにきてくれないかなぁ」って思うのです。)

     

    鳥取こども学園前 

    玄関前、除雪の労苦が偲ばれます。

    鳥取みどり園 グランド側から

    本館の裏手 中庭と渡り廊下

    教育棟 グランド側から

    グランドが駐車場となっています 奥は希望館です

    除雪は、みんなで一緒にするのが一番はかどります

    こころの発達クリニック前 駐車場は除雪済みです

    乳児部も雪の中です 

    学園前の道路はこんな風になっています。

     


    2017.02.13